日本生物地理学会 2017年度大会シンポジウム

言語進化学と言語地理学の研究最前線 ― 人類集団の言語・文化・遺伝子の時空変遷 ―

2017年4月9日(日)15:00-17:30
東京大学農学部フードサイエンス棟中島薫一郎記念ホール(〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1)


[趣旨] (三中 信弘)

  時間的・空間的に変遷するという点で生物と言語の間にちがいはない. 進化する実体としてどのような原因で変異が生じるか, いかなる状況のもとで時空的な変化が生まれるかという点では言語と生物には差異があるだろう. しかし,現在われわれが入手できるさまざまな情報に基づいて過去の歴史を復元するという目標の設定 およびそのために用いられる理論や方法論そして系統推定アルゴリズムの点で言語進化と生物進化の間には 明白な並行性が認められるだろう.このシンポジウムでは中国大陸ならびに日本を含む東アジア圏に焦点を当て, 言語と生物の進化や系統を論じる共通の土俵をどのように構築すればいいのかについて議論を深めたい.